社会学

2018年01月29日

『きょうも傍聴席にいます』




朝日新聞デジタルで連載された記事を
まとめた本。

http://www.asahi.com/national/bouchouseki/

こちらは2016年2月から
2017年7月までの掲載分が
収録されています。

冒頭の
<絶対君主が支配する虐待の家>は

WEBで読んだときも、本で読んだときも
胸の痛む記事でした。

家庭というブラックボックスで
10年以上虐待されてきた女子高生が
虐待者に反撃した事件です。

何回読んでも周りの大人が
何とかできなかったかなあと、
そう感じる記事でした。



p-6845001 at 06:46|PermalinkComments(0)

2018年01月24日

『底辺への競争 格差放置社会ニッポンの末路』




2004年に出版された
『希望格差社会』
続きとも言える本。

<正社員になれない、
 正社員ではなくなってしまう、
 結婚しないでいるといった形を
 続けていることで、>

<最低限の生活はできるけれども、
 生活を上昇させるような機会が
 ない状態>

に陥ることを著者は指摘しています。

現在のアラフォー以降の世代が

<底辺の競争の途上にあって、
 その競争の仕方は、ますます
 激しくなって>いる。

中流生活の維持のため
<下降移動リスクを回避する行動>
として、

「未婚化」「少子化」が進んおり、

戦後型家族(夫が正規雇用で妻がパートか専業主婦)
を形成できている人でも

子どもの大学の学費を負担できても
老後資金がない。

2040年には
働けなくなるとともに
貧困状態に陥る人が大量に出てくると
暗い未来予測を描いています。




p-6845001 at 05:59|PermalinkComments(0)

2018年01月23日

『だから、居場所が欲しかった。バンコク、コールセンターで働く日本人』




HONZに書評あり。

バンコクにある通信販売の
コールセンターで働く

主に30代から40代の日本人に取材して
書かれた本です。

何この子、何考えて?と思ってしまうひとも
出てきますが、

日本で生きづらさを感じて
バンコクで生きやすさを感じているひと、

親の一家夜逃げに巻き込まれた若者など、

「自己責任」と切って捨てづらい人もでてきて、
読んでいて気持ちが重くなる本でした。




p-6845001 at 06:32|PermalinkComments(0)

2018年01月17日

『偽装死で別の人生を生きる』

偽装死で別の人生を生きる (文春e-book)
エリザベス・グリーンウッド
文藝春秋
2017-05-26



HONZで書評あり。

高額の学生ローンを抱えた生活に嫌気がさし、
偽装死で新しい生活を得ることができないかと、

著者は、失踪請負人や
偽装摘発請負人(保険金詐欺の調査人)、

偽装死にいったん成功した男性など

死亡偽装に関わるひとを取材します。

著者は、最後には、フィリピンで
偽造した自らの死亡証明書を手に入れます。

5年をかけた取材で彼女が見たものは
<醜悪さと家族の崩壊と孤独>でした。

エピローグで彼女は

<人生には、わずかばかりの学生ローンより
 ずっと大変なことがたくさんある。>

と述べ、

死亡証明書を書類整理棚に置いたままの
現在の生活を描いています。



p-6845001 at 06:44|PermalinkComments(0)

2017年10月30日

『東大から刑務所へ』




『熔ける』の井川意高氏と
『刑務所なう。』など3冊の刑務所シリーズを出した
堀江氏との対談。



二人とも、懲役刑を勤め上げ、

ホリエモンは、
すでに次の事業に邁進し、

井川さんは
斜陽産業の製紙業界から引退して
これから何をするか考え中とのことです。

それぞれのひとの著書を読んだひとには
それほど新しい発見はないかもしれません。


p-6845001 at 05:15|PermalinkComments(0)
ブクログ
記事検索
Archives
Amazonライブリンク