公衆衛生

2013年05月21日

Limiting “Sugary Drinks” to Reduce Obesity — Who Decides?

N Engl J Med 2013; 368:1763-1765 May 9, 2013

NY州裁判所、特大サイズ炭酸飲料規制に無効判決

↑の判決についての論文。

この論文を書いたのは法学者で、
基本的に、立法は行政の仕事ではない、
権限を踏み越えてはいけない、

という内容を書いています。

"Legislatures make policy, and administrative agencies
carry out the policy made by the legislature. "

この視点はなかったなあ。
よんですっきり。


p-6845001 at 12:50|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2011年01月14日

臨床医のためのパブリックヘルス

臨床医のためのパブリックヘルス臨床医のためのパブリックヘルス
中外医学社(2010-10-25)
販売元:Amazon.co.jp
クチコミを見る


岩田健太郎氏の推薦の言葉がついています。

もっとも、相変わらずアマゾンで買っていますので、
推薦の言葉を見て買ったわけじゃありません。

和田 耕治氏が編集に関わった本では、
これまで外れがなかったので、

雑誌の広告を見た瞬間、発注しました。

臨床医が、パブリックヘルス的な視点を持つために
作られた本で、

参考文献も多岐にわたります。

うぎゃ〜〜〜と思ったのは、
いい本なんだけど、古いからと処分した本が、
推薦図書に挙げられていたこと。

アウトブレイクの危機管理―感染症・食中毒集団発生事例に学ぶ
アウトブレイクの危機管理―感染症・食中毒集団発生事例に学ぶ
クチコミを見る


気を取り直して、推薦図書を数冊発注しました。

産業医についても、コラムに記載があります。

<産業医の役割は、社員にとって医学的に本当に必要な
 ニーズは何かを見極め、自分たちが提供できる範囲内で
 品揃えをして、適切に分配することである。(84ページ)>

忘れないようにしたいと思います。

p-6845001 at 12:34|PermalinkComments(0)TrackBack(0)
ブクログ
記事検索
Archives
Amazonライブリンク