一般書

2018年07月10日

『世界一ラクなお金の増やし方 #インデックス投資はじめました』




インデックス投資家で
2015年に50代で早期リタイアされた
NightWalkerさんの著書。

NightWalker's Investment Blog
http://nightwalker.cocolog-nifty.com/money/

著書のプロフィールを見ると
私より4〜5歳年上の世代のかたです。

これから資産を積み上げようと考えるかたにも、

ある程度積み上がった資産を
さて、退職後どう取り崩そうかと考えている
リタイアが近い世代にも

参考になる本です。

なお、私は著者の
<無リスク資産50%>というポートフォリオは
多くのひとに有用ではないか、と
考えています。


p-6845001 at 05:37|PermalinkComments(0)

2018年06月29日

『親の介護をはじめたらお金の話で泣き見てばかり――知らなきゃ損する! トラブル回避の基礎知識』




著者の前作
『鳥居りんこの親の介護は知らなきゃバカ見ることだらけ』
は、2年前に読みました。

介護保険の制度の基礎知識ゼロの娘たちが

要介護の母親の在宅介護を行い、
最終的に施設入所を決定するまでの流れが
著者の体験を中心にわかりやすく書けている本でした。

第二作となるこの本も、存在を知ってすぐ買いました。

こちらは、
要介護の母親が有料老人ホームに入る際の入居一時金、
これを出そうとした際に、

母親が銀行の「カモ」になっていた事実が
判明したことに始まり、

父親の遺産のセカンドハウスの管理、
そして管理の耐えかねて売却、
同じく遺産のゴルフ会員権の問題点、
などなど

弱っていく親を支えるのに必要なお金の話が
中心に書かれています。

第2章 老人ホームに入れたら「上がり」ではない、
では、

キーパースンが、書類作成、支払い、買い物、
通院付きそいなど走り回らなければ

なかなか親の生活を維持できない状況が描かれており、

私自身も現在進行形で経験中なので、
「わかるわかる〜」と思いながら読みました。

第5章 認知症と親のお金の管理編 では、

認知症がどんどんすすんでいく親の財産管理の問題と、
事前準備としてすべきことのリストの提示、

そして現在の成年後見制度の問題点、
比較して自由度が高い「家族信託」の紹介など、

専門家監修も入れた上、
わかりやすく説明してくれています。

この本の最後で明らかにされますが、
著者のお母様は10年あまりの介護の後、
昨年3月に亡くなっておられます。

私は、そのことは
著者が朝日新聞に書かれたエッセイで知りました。
http://www.asahi.com/national/eldercare/omoi_toriisan/

著者の鳥居さんは、この介護シリーズを3部作とされる予定で
近く執筆にかかるそうです。

同じ経験を追いかけている立場として、
著者の次の本の完成を待ちたいと思っています。


p-6845001 at 12:41|PermalinkComments(0)

2018年05月29日

『"誰も書かなかった老人ホーム』




老人ホーム紹介センター「みんかい」を
運営する著者が

利用者だけではなく、
施設の介護職員の視点も入れて
老人ホームの現状を紹介しています。

『鳥居りんこの親の介護は知らなきゃバカ見ることだらけ』とあわせて
高齢の親を持つ人が読むのに
お薦めです。




p-6845001 at 05:15|PermalinkComments(0)

2018年05月10日

『国立科学博物館のひみつ』





2冊セットで旅行前に読みました。

特別展を含めると
2日を使っても見切れないので、

読んで、見るところを絞ってから
博物館へ行くのがお薦めです。

p-6845001 at 05:59|PermalinkComments(0)

2018年04月24日

『アスペルガーの館』

アスペルガーの館
村上由美
講談社
2017-03-31



『ちょっとしたことでうまくいく 発達障害の人が上手に暮らすための本』
を書いた

言語聴覚士で、

発達障害の「当事者」であり、「家族」であり
「支援者」でもある村上由美さんが

<幼い頃から自閉症やアスペルガーと向き合ってきた
 私自身の経験を、三つの立場から>綴った本。

1970年代という早い時期にもかかわらず
療育を受けられたことのメリット、

逆に母親が療育に情熱を傾けたために
どこかねじれた親子関係となったことなども
率直に書かれています。




p-6845001 at 12:36|PermalinkComments(0)
ブクログ
記事検索
Archives
Amazonライブリンク