医学書

2018年09月14日

『動脈硬化性疾患予防のための脂質異常症診療ガイド 2018年版』




『動脈硬化性疾患予防ガイドライン 2017年版』に基づき
脂質異常症の治療の項目を中心にまとめたもの。

専門医よりも開業医、管理栄養士、保健師などの
スタッフに向けた本。

昨年出たガイドラインと比べると
より臨床で使いやすい本です。


p-6845001 at 12:37|PermalinkComments(0)

2018年09月12日

『糖尿病診療ガイドライン2016』

糖尿病診療ガイドライン2016
日本糖尿病学会
南江堂
2016-05-23



分厚いし、高いのでどうしようかと
思っていましたが、結局購入。

オンラインでも閲覧できます。

糖尿病診療ガイドライン2016
http://www.jds.or.jp/modules/publication/index.php?content_id=4

出版当時は学会員のみでしたが
今は誰でも閲覧できるようですね。


p-6845001 at 12:52|PermalinkComments(0)

2018年09月10日

『総合診療 2018年 9月号 』




がん患者・家族・総合診療医が活用できる関連情報が
1267ページにまとめてありました。

就労関係では、

「がんと仕事のQ&A」
https://ganjoho.jp/public/support/work/qa/

「患者さんのためのがん症状で困ったときの職場での対応ヒント集」
https://www.ncc.go.jp/jp/cis/divisions/05survivor/05survivor_01.html#4tools

「がん治療スタッフ向け 治療と職業生活の両立支援ガイドブック」
https://www.ncc.go.jp/jp/cis/divisions/05survivor/05survivor_01.html#4tools

医療費・保険関連では

NPO法人「がんと暮らしを考える会」
https://www.gankura.org/

p-6845001 at 12:35|PermalinkComments(0)

2018年09月05日

Koilonychia in Iron-Deficiency Anemia

August 30, 2018 N Engl J Med 2018; 379:e13

鉄欠乏性貧血の匙状爪の所見です。
イランからの報告。

p-6845001 at 12:50|PermalinkComments(0)

2018年08月31日

『発達障害支援の実際 診療の基本から多様な困難事例』




反社会的行動(家族への暴力)への対応や
触法者への支援など、

かなり困難性の高い事例への支援が
丁寧に解説されています。

一般就労しているひとは
発達障害者の中でも程度が軽いほうなのだと
改めて認識しました。

程度が軽いからと行って
問題が小さいわけではないのですがね。

p-6845001 at 12:29|PermalinkComments(0)
ブクログ
記事検索
Archives
Amazonライブリンク