2014年05月

2014年05月31日

NEW! とんがりおむすび器 なんでもGOO!




1年前に購入した
とんがりおむすび器 なんでもGOO!ですが

ごはんがべたべたくっつくようになったため
買い換えました。

たらこを入れたり、肉の佃煮を入れたり、
具だくさんのおにぎりを作るときに重宝します。

メーカーが載せた
クックパッドのレシピはこちら



p-6845001 at 15:54|PermalinkComments(0)TrackBack(0) お気に入りのもの 

2014年05月30日

Tinea Faciei

N Engl J Med 2014; 370:e31May 15, 2014

顔面の白癬症。
典型的な所見です。

p-6845001 at 12:34|PermalinkComments(0)TrackBack(0) 医学書 | プライマリ・ケア

人生って、大人になってからがやたら長い




30歳でプログラマから
イラストレーターに転職した、きたみりゅうじさんが

大人ってなんだろう?をテーマに書いた
コミックエッセイ。

きたみさん自身の精神的な不調や
義両親の介護・看護など、

医療に関する話も出てきます。

読んでいて、そうだろうなあ・・と思ったのは

きたみさん自身がイラストを書き始めてから
イラストで生活できるになるまで
かかったのが10年。

また、きたみさんの友人が
20代半ばで経営コンサルタントをめざし、
落ち着いたと言えるまでやはり10年。

異業種への転職というのは
全く甘くない。




p-6845001 at 06:13|PermalinkComments(0)TrackBack(0) マンガ 

2014年05月29日

「現代型うつ」はサボりなのか




精神科産業医・吉野聡先生が

<中高年世代が振りかざす若者未熟論から脱却し、
 本当に若者がその力を発揮できる社会作り>

を目指して書いた、
いわゆる「現代型うつ」への対応法です。

ちょっと前に読んだ「「新型うつ」な人々」
ちょっと突っ込み不足と感じていたので
読んでみました。

他罰性の強い「現代型うつ」とされるひとに
どう効果的な支援をしていったら良いかについても
詳細に書かれています。

・部下の悩みを聞くスキル

 傾聴は30分。批判せずに聞く。
 本人の意見を要約(ミラーリング)
 今日は相談してくれてありがとう、で終わる。

産業医だけではなく、管理職にもおすすめできる本です。
一読を。

 
 


p-6845001 at 12:45|PermalinkComments(0)TrackBack(0) 一般書 | 精神科

就活生の親が今、知っておくべきこと




日経電子版の連載「母と子の444日就活戦争 」に加筆したもの。

上記の連載にある、
著者自身の息子の就職活動を見守った経験を
第一章で書いています。

「日経ウーマン」の編集長でもある著者は、

就活を行っている学生、企業の人事部、
労働問題に詳しい学者や
就活についての発言を続けている
人材コンサルタントに取材して、

親世代の就活とはいかに異なっているかが
第二章を読むとよくわかるようになっています。

この現状を踏まえて、就活のために

親がすべきこと、してはいけないこと、
学生がやるべきこと、

この二つを第三章、第四章にまとめています。

自身も働きながら二人の子どもを育て、
働く女性の取材を20年以上続けてきた著者が

「女子学生とその親たちに伝えたいこと」として
第五章に最初に書いているのは

<専業主婦という”職業”のリスクの高さ>
です。

また、女性の就活に母の意向が大きいことに触れ、

<(母親は)自分のキャリアが中断したリベンジを、
 娘で果たそうはと思わないほうがいい>

と戒めています。

大学生のお子さんをお持ちの母に
お薦めできる本です。

p-6845001 at 05:17|PermalinkComments(0)TrackBack(0) 一般書 | 教育
ブクログ
記事検索
Archives
Amazonライブリンク