2013年06月

2013年06月30日

今月の英語

<聞き終わったもの>

(1)The Viral Storm: The Dawn of a New Pandemic Age
The Viral Storm: The Dawn of a New Pandemic Age
The Viral Storm: The Dawn of a New Pandemic Age [CD]


自分の守備範囲だと聞きやすいですね〜

HIVの起源や鳥インフルエンザについてなど、
動物起源のウイルスが、
どうやって人間にパンデミックを起こすようになるかを

丁寧に解き明かしてくれます。


(2)Scientific American, March 2013
"The End of Orange Juice"
フロリダとカリフォルニアに侵入した
   オレンジに着く害虫と
   その害虫に対する対応法について

(3)Scientific American, April 2013

   "The Future of Medicine"
   最先端医療のさわりの部分を次々と紹介。

   "Anguish of the Abandoned Child"
   日経サイエンスでは8月号で紹介。
   
   施設で育てられた子どもと
   里親に育てられた子どもの違いについて
   前向き研究を行っています。

   ルーマニアのチャウシェスク政権下で、
   避妊 ・中絶を禁止して子だくさんを奨励した
   結果として、

   育てられない子どもを施設に預けることが
   一般的になり、

   子どもを育てずに施設に預けるひとは
   いまでも多いそうです。
   
   この論文の著者は、
   里親養育が存在しなかったルーマニアで
   里親をリクルートして、
   孤児を施設と里親に無作為に割り付け

   発達の違いを調査しています。


(4)NHKラジオ実戦ビジネス英語
   
   Lesson 5 Crazy Busy
   Lesson 6 Parting Is Such...


<聞き始めたオーディオブック>
The World Until Yesterday: What Can We Learn from Traditional Societies?
The World Until Yesterday: What Can We Learn from Traditional Societies? [CD]


「銃・病原菌・鉄」を書いた
ジャレド・ダイアモンド氏の作品。

池田信夫氏の書評で知った本です。

<読んでいる本>
先月に引き続き読んでいます。
Memories of the Future
Memories of the Future [Kindle版]


   

p-6845001 at 19:58|PermalinkComments(0)TrackBack(0) 語学 

2013年06月29日

テラフォーマーズ 1 〜4

テラフォーマーズ 1 (ヤングジャンプコミックスDIGITAL)テラフォーマーズ 1 (ヤングジャンプコミックスDIGITAL) [Kindle版]
著者:貴家悠
出版:集英社
(2013-04-19)


前から気になっていたので
Kindleで1〜4巻を購入。

ストーリーはSFとしては単純ですし、
登場人物殺しすぎ〜と思いますが

絵がきれいでアクションは楽しめます。

我が家の虫好きの中学生には
ぴったりでした。


p-6845001 at 19:16|PermalinkComments(2)TrackBack(0) 電子書籍 | マンガ

2013年06月28日

Dr.岩田の感染症アップグレードBEYOND 第9回 僕たちはそこで何ができるのか? 被災地での感染症対策【医楽座】

【医楽座】で視聴。

<避難所の感染症対策>

・あるもので何とかする。
・下痢症がやっかいートイレまでの距離。
・理想的な飲料でなくても水分補給。
・下痢止めも使う。
・抗菌薬も通常より幅広く使う。


<避難所の咳>

・粉じんによるものが多い。
・咳止め、マスク、うがい。
・結核の除外は難しいが
 できるだけ注意を払いたい。


<避難所での投薬>

・患者さんは薬を求めて来ることが多く
 できるだけ処方してあげたい。
・不要な抗菌薬、副作用が懸念される
 薬剤は避ける。
・解熱剤はアセトアミノフェン。


<普段の治療が大切>

・破傷風は基礎免疫+ブースターだが
 ブースターはほとんどなされていない。
・1968年以前に生まれた人には
 基礎免疫もない。
・緊急時の対策は平時の延長にしかない。

<被災地に行く際の注意>
・体調が悪いときには行かない。
・必要なワクチンは接種する。
・迷信や恐怖心に踊らされない。
・抗菌薬を一種類持って行くなら
 レボフロキサシン。







p-6845001 at 12:39|PermalinkComments(0)TrackBack(0) 動画配信 | 災害医療

キャリアポルノは人生の無駄だ

キャリアポルノは人生の無駄だ (朝日新書)キャリアポルノは人生の無駄だ (朝日新書) [新書]
著者:谷本真由美(@May_Roma)
出版:朝日新聞出版
(2013-06-13)



書店で購入。
いま検索したらKindle版があったのね。

もとになったネットの記事はこちら

キャリアポルノというのは著者の造語で
自己啓発書(の一部)を指しています。

著者は、多くの本は
精神的な快感を得るための
ドラッグ代わりだと言い切っています。

著者自身も、日本でいるときに
この手の本にはまっていたのですが、

弟さんが交通事故にあったのをきっかけに
これらの本と縁を切った経緯も述べておられました。

キャリアポルノが流行る裏側にある、
「仕事で自己実現を目指す」
考え方の危険性についての
指摘もありました。

これは、「プチクリ!―好き=才能!」でも
書かれていたこと。

自己研鑽を否定しているわけでなく、
専門的な知識や語学力を磨くことは
必要と書かれています。

自己啓発書について
ちょっと厳しすぎるかな〜
と感じるところもありますが、

著者がボコボコにしている
自己啓発書には、

私が読んで?と思ったものも
入っているので

総じて楽しく読めました。

一つだけ批判するなら、
Steve Jobsは自己啓発書じゃないし、

少なくとも、私は自己啓発書としては
読んでいなかったな、ということですね。

Steve Jobs
Steve Jobs [Kindle版]


p-6845001 at 06:26|PermalinkComments(0)TrackBack(0) 自己啓発 | 一般書

2013年06月27日

日経ヘルスケア 6月号

日経ヘルスケア 6月号

病院経営についての雑誌なので
普段は読まないのですが、

<特集1 医師採用 中小でも「勝ち組」の条件>

がちょっと気になって
取り寄せてみました。

「多忙でない」が重視される、
「高額報酬」は決め手にならない、

というのは実感としてわかるところ。

中小の病院で、

研修・教育に重点を置いたり、
女性医師の就業環境を整えたりすることで

常勤医を確保した実例も載っていました。

p-6845001 at 12:34|PermalinkComments(0)TrackBack(0) 医学書 | 経済
ブクログ
記事検索
Archives
Amazonライブリンク