2011年12月

2011年12月31日

日経 サイエンス 2012年 02月号

日経 サイエンス 2012年 02月号日経 サイエンス 2012年 02月号
販売元:日本経済新聞出版社
(2011-12-24)
販売元:Amazon.co.jp
クチコミを見る


今回は届いてすぐに読み始めました。

<特集 迫る巨大地震>では、

3月11日の地震がなぜ「想定外」の大きさであったか、
今後、どのような地震が起こりうるか、を
丁寧に書いていました。

<地下水汚染に揺れる天然ガス開発>では、
シェールガス革命の負の部分に触れています。

ブックレビューで取り上げられていた本を2冊注文。

細胞が自分を食べる オートファジーの謎 (PHPサイエンス・ワールド新書)
細胞が自分を食べる オートファジーの謎 (PHPサイエンス・ワールド新書)
クチコミを見る
「しがらみ」を科学する: 高校生からの社会心理学入門 (ちくまプリマー新書)
「しがらみ」を科学する: 高校生からの社会心理学入門 (ちくまプリマー新書)
クチコミを見る


翻訳書のうち、Audibleにあった
下記2冊をWish Listへ。

The Mind's Eye
The Mind's Eye
クチコミを見る

Packing for Mars: The Curious Science of Life in the Void
Packing for Mars: The Curious Science of Life in the Void
クチコミを見る


邦訳は、
心の視力―脳神経科医と失われた知覚の世界
クチコミを見る

わたしを宇宙に連れてって―無重力生活への挑戦
クチコミを見る


今号は収穫多し。





p-6845001 at 09:51|PermalinkComments(0)TrackBack(0) 一般書 | 科学

2011年12月30日

伝える力2

伝える力2 (PHPビジネス新書)伝える力2 (PHPビジネス新書)
著者:池上彰
販売元:PHP研究所
(2011-12-15)
販売元:Amazon.co.jp
クチコミを見る


プレゼンテーションを改善するためには、
「わかりやすく〈伝える〉技術」がおすすめ。

同工異曲だろうなあ、と思いながら
本屋で確認して、また買っちゃうのは

やっぱりファンだからかなあ。

東日本大震災時の具体的なエピソードを
池上さんの視点で分析しています。

読み終わって、
年末作成した、あのスライドを見直そう!と
思いました。

私にとって、

「わかりやすさ」追求のモーティベーションを
維持するために、

良い本だったと言えます。



p-6845001 at 08:27|PermalinkComments(0)TrackBack(0) 一般書 | 自己啓発

2011年12月29日

日経サイエンス 2012年 1月号

日経 サイエンス 2012年 01月号 [雑誌]日経 サイエンス 2012年 01月号 [雑誌]
販売元:日本経済新聞出版社
(2011-11-25)
販売元:Amazon.co.jp
クチコミを見る


置きっぱなしで三週間。

<匂いで伝える人間フェロモン>

40年前に発表された「月経の同調と抑制」
という論文から推定された人間フェロモン。

しかし、これだけ時間が経っても、
人間フェロモンがどういう物質かは
まだ解っていません。

<ニューヨークはいかに犯罪を減らしたか>
英語のオーディオブック版で先に聞いて
へえ〜と思っていました。

警官を適正に配置したのがよかったようです。

p-6845001 at 09:14|PermalinkComments(0)TrackBack(0) 一般書 | 科学

2011年12月28日

魔法使いの娘ニ非ズ

魔法使いの娘ニ非ズ(2) (ウィングス・コミックス)魔法使いの娘ニ非ズ(2) (ウィングス・コミックス)
著者:那州 雪絵
販売元:新書館
(2011-12-23)
販売元:Amazon.co.jp
クチコミを見る


現在、二巻まで出ています。

八巻で完結した「魔法使いの娘」の続編。

一話完結で、
前作の主人公・初音ちゃんが
新米陰陽師として仕事をする様子を
描いています。

異世界のものに巻き込まれて
困っている当事者の視点から描かれているので、
毎回、中心の登場人物は変わります。

前作の「魔法使いの娘」はオカルトを装って、

家族とは何か、
取り返しのつかないことを償えるのか、
大人になるっていうことはどういうことか、

を描いた良作でした。

こちらもお薦めです。

魔法使いの娘 (1) (Wings comics)
魔法使いの娘 (1) (Wings comics)
クチコミを見る





p-6845001 at 09:57|PermalinkComments(0)TrackBack(0) マンガ 

2011年12月27日

JIM 12月号

JIM 2011年12月号

オピオイド系鎮痛薬が
非がん疼痛にも適応になっているのは
知りませんでした。

検索すると、トラマドール塩酸塩・アセトアミノフェン配合製剤の
記事が出てきました。

トラムセット:非癌性疼痛に使える経口オピオイド配合剤

私は、慢性痛の患者さんについては
ペインクリニックに紹介しているので、

直接こういう薬を扱うことはないのですが
勉強になりました。

p-6845001 at 12:41|PermalinkComments(0)TrackBack(0) 医学書 | プライマリ・ケア
ブクログ
記事検索
Archives
Amazonライブリンク