2008年11月18日

学力を育てる

学力を育てる (岩波新書 新赤版 (978))
学力を育てる (岩波新書 新赤版 (978))

公立学校の底力の著者の前作です。

「公立学校の底力」では、困難な家庭環境にある子どもの
学力を支えている様々な学校が紹介されていますが、

この本では、実際に子どもの学力低下が起こっているかどうかの
調査から始まり、

学力調査とともに、家庭環境の調査を行うことによって、

家庭環境が学力と強い関係があること、
それにもかかわらず、低学力層を支える力のある学校が
散見されることを明らかにしています。

また、プロローグで明らかにされる著者の自分史から、
著者がなぜ公立学校にこだわり続けるのかの
理解が深まりました。

著者自身が、「学校システムによって『引き上げられた』」
と感じているから、地域に根ざす公立学校にこだわり続けて
いるのでしょう。

阪神電車沿線に生まれ育った著者の小中学校生活、
そして、生まれて初めて阪急電車に乗ったときのとまどいなど、

自分の経験を最初に出すことにより、無味乾燥になりがちな
データ解析を生きたものにする手法は、うまいなと感じました。

p-6845001 at 05:58|PermalinkComments(0)TrackBack(0) 一般書 

2008年11月17日

ウェブ時代をゆく

ウェブ時代をゆく ─いかに働き、いかに学ぶか (ちくま新書 687)
ウェブ時代をゆく ─いかに働き、いかに学ぶか (ちくま新書 687)

ウェブ進化論 本当の大変化はこれから始まる (ちくま新書)
を読んだ後、続けて読みました。

「ウェブ進化論」に書いてあったことは、ふむふむ〜という
知識の整理、という感じで読んだのですが、

「ウェブ時代をゆく」については、自分自身の職業人生、
そして、これから育ってゆく子ども2人の選ぶ人生を考えながら
読みました。

私自身は、今の職場で30代を過ごしたのですが、

著者が「組織や職場にこんな兆候があると危険」とする5つの兆候が
すべてあり、
「勤めれば勤めるだけ『組織の外で生きていく生命力』が衰えていく。
 そのことに自覚的でならなければならない」
と言われて、まさに痛いところを突かれたな、、、と
感じたところです。

子ども2人のうち、1人は大きな組織への適応がよさそう、
1人はまあ、海のものとも山のものとも、、、という感じですが、
これからの社会でサバイバルできるだけの「自助の精神」を
持つ大人になってくれるでしょうか。


p-6845001 at 05:31|PermalinkComments(0)TrackBack(0) 一般書 

2008年11月16日

公立学校の底力

公立学校の底力 (ちくま新書 742)
公立学校の底力 (ちくま新書 742)

朝日新聞の10月26日書評を見て購入。

あとがきにある、筆者の妻の評、
「これは転校した経験がないひとだから書けた文章ね。」を読んで、
ああ、これが夫と私の違いなのだ、と初めて気づきました。

公立学校に逆風が吹く中、
「しんどい層の基礎学力の下支えに成功している学校」を
数多く紹介し、その学校が成り立つ条件を探っている本です。

すばらしい話にもかかわらず、どこか入り込めない自分に
とまどっていたのですが、

幼稚園の時、転居をし、言葉の違いから小学校でいじめられ、
この場所から出ていくことだけを考えていた私には、

小学校時代を満喫し、今も当時の自宅のすぐ近くに住む夫と、
筆者とが重なっていたのでしょう。

「教育は買ったり、選んだりするものではなく、一緒に
 つくっていくものだと思う」という、筆者の言葉に
共感しないわけではないのですが、

一緒につくっていく、地域のひとたちがどんどん高齢化
していっているという地元の状況を考えると、
小学校を中心としたコミュニティが、今後も維持できるのか
不安を感じています。



p-6845001 at 07:12|PermalinkComments(0)TrackBack(0) 一般書 
ブクログ
記事検索
Archives
Amazonライブリンク